置き換えダイエットが続かない人へ対策と基礎知識

置き換えダイエット経験者が語る超重要な基礎知識3つ!

置き換えダイエット,初心者,基礎知識

 

例えば、お風呂に入る前。

 

服を脱いで、ふと視線を下ろすと。

 

今日も腹の肉が視界を埋め尽している……。

 

「……このままじゃダメだ! 痩せなきゃ!!」と決心した、そんなあなたに贈る、ダイエットするにあたって『知っておいてほしい基礎知識』をまとめました。

置き換えダイエットを続けていく上で大事なこととは?

置き換えダイエット,続ける,コツ

 

ここでは、置き換えダイエットを始める人へ、続けていくための大事なことを3つ紹介しています。

 

置き換えダイエットの基礎知識……それは!

 

     

  1. 置き換えダイエットで痩せる仕組みは「摂取カロリーを減らすから」です
  2.  

  3. 体重の増減を気にし過ぎないでください
  4.  

  5. 停滞期は必ず来るものと心得ましょう
  6.  

 

……はい。

 

基礎知識って書いてあるだけあって超基礎的な感じのアレです。

 

でも大事だから!

 

暇がある人はぜひ読んでいってください。

 

あ、今更ですが、ここはゆっくり確実に痩せようぜ!というブログのため、1週間で-5kg!みたいな、短距離走者なタイプの方はあんまり役に立たないかも。ごめんね。

 

それでは、一つ一つ解説していきます!

 

置き換えダイエットで痩せる仕組みは摂取カロリーを減らすからです

 

置き換えダイエット,基礎知識

 

まず、置き換えダイエットの知識として知っておきたいのは、置き換え食はなんでもいいし、置き換える時間はいつでもいいということです。

 

それはなぜかというと、置き換えダイエットというのは、3食のうち1食を低カロリーの食べ物に変えて、摂取カロリーを制限しましょう、という、単純かつ王道のダイエットだからです。

 

別に置き換え食自体に、食べるだけで痩せる魔法の力なんてないんです。そんなのがあったら教えてほしい

 

ただ、3食のうちの1食を置き換えるわけだから、低カロリーで栄養の豊富なものとか、腹持ちがいいものとかが置き換え食に向いているというだけの話です。

 

ダイエットは

 

 

消費カロリー > 摂取カロリー

 

 

で成り立つもの。

 

すべてのダイエットはこの方式に基づいています。

 

有酸素運動や筋トレは、消費カロリーを増やすためのもの。

 

夜抜きダイエットや置き換えダイエットも摂取カロリーを減らすためのもの。

 

この方式を頭に入れておけば、どのダイエットが自分に向いているのかがわかると思います。

 

食べる量を減らすのは耐えられないなら、それ以上に運動すればいい。

 

運動するのが苦痛なら、食べる量を減らせばいい。

 

当然、食べる量を減らして運動するのが一番痩せやすいんですけどね。

 

ちなみに私は運動が超苦痛派だったので、置き換えダイエットを選びました。

 

「いまさら当たり前のことを書いてなんなんだこいつは」

 

と思われるかもしれませんが、超超超大事なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

体重の増減を気にし過ぎないでください

 

置き換えダイエット,とは

 

次に、もしかしたらダイエット全般そうなのかもしれませんが、ダイエットをするときは長期的な視点を忘れないこと。

 

具体的に言うと、体重は一か月単位で見たほうがいいと思います。

 

いまはスマホのアプリとかで手軽に体重を入力してグラフ化できるので、活用しましょう。

 

もちろん毎日体重計に乗ることになるんですけど、それに振り回され過ぎないこと。

 

例えば昨日、運動もたくさんして、ご飯も少なめに食べて、夜は置き換え食で我慢したとする。

 

お腹はぺこぺこ、体はへろへろ、でもこれだけ我慢したんだから明日、体重を図ったら1kgくらい痩せてるかも……!

 

なんて、期待しながら眠りについて、次の日、体重を測ると。

 

減ってるどころか1kg近く増えてるだと……!?!?!?

 

と、いうような事例はものすごく頻繁に起きます。私も数えきれないほどの失望と落胆に苛まれました。

 

でも、だからといって、

 

「全然体重減ってないどころか増えてる!? 置き換え食がだめ? 私が食べ過ぎ? もっとご飯減らさなきゃダメなの!?」

 

と、早合点してはいけません。

 

一日で1kg近く増減するのは本当に本当によくあることだからです。

 

置き換えダイエット,やり方

 

そこで見てほしいのは、月単位の体重。

 

1週間減らなくても、2週間減らなくても、諦めないでダイエットを続けてみてください。

 

そして、1ヶ月後の体重を見てみてください。

 

そこで右肩下がりに下がってるなら、あなたは何も間違ってないし、ダイエットは成功してるのです。

 

体重が増えてしまっているなら、そのときにはじめて、食生活を見直しましょう。心当たりがあるはずです。

 

消費カロリー > 摂取カロリー の生活を続ければ必ず成果は出ます。

 

どうしても置き換えダイエットが苦痛で、1か月も続けられないというなら、体や心を壊してまで無理をすることはないです。

 

これだけ〇〇ダイエットであふれる世の中、他にあなたに合うダイエット方法があるはずですから。

 

停滞期は必ず来るものと心得ましょう

置き換えダイエット,停滞期

 

2.体重の増減を気にし過ぎない と若干内容が被りますが、停滞期というのは必ず来るものと思ってください。

 

私は1年以上置き換えダイエットを続けていますが、1ヶ月ごとに停滞期が来る感じです。

 

最初は順調に体重が落ちていくのですが、あるときぴたっと体重の減少が止まるんです。

 

なんだかんだ、1週間も経てば体重が減っていたのに、ずーっとグラフはまっすぐ、どころか増えるときもあり、けっこう精神的に来ます。

 

ですが、そんなときでも、月単位でグラフを見ると減っていました。

 

なので、心構えをしておきましょう。

 

目安はやっぱり1ヶ月だと思います。

 

今まで順調に減っていたのに、急に体重が減らなくなった、と思ったら、思い詰めて無理に運動を増やしたり、食事を減らしたりするんじゃなくて、そのままの生活を続けてみてください。

 

どうしてもストレスが抑えきれないなら、思いっきり食べる日を設けるのもあり。

 

一日くらいストレスでやけ食いしたって、案外平気なものです。

 

私はわりと頻繁にやけ食いしますが、1か月ごとに見れば順調に体重は減っていきましたよ。

 

置き換えダイエットの知っておきたい知識3つまとめ

置き換えダイエット,基礎知識

 

「経験者が語る」なんておいて、全然特別な裏技的方法じゃなくて申し訳ないですが、でも置き換えダイエットを続けていく上ですごく大事なことを書いたつもりです。

 

特に「1.置き換えダイエットの目的は摂取カロリーを減らすこと」は置き換えダイエットダイエットのキモです。

 

1食置き換え食にしたからといって、他の2食でダイエットを始める前よりカロリーをとっていたら意味がないのです。

 

食欲を抑えるのは本当にめちゃくちゃつらいことですが、やってると慣れてきます。

 

慣れるまでが一番つらいです。自転車と一緒で、走り出すまでがしんどいのです。走り出したら、案外続けられるものです。

 

1ヶ月経っても、しんどくてしんどくて仕方がないなら、もしかしたら置き換えダイエットが合ってないのかもしれません。

 

運動が好きなら、運動したほうが健康的でいいと思いますしね。

 

でも、置き換えダイエットは手軽だし、楽なので、個人的にはけっこうオススメのダイエット方法です。

 

痩せるために、一緒に頑張っていきましょうね!

 

 

⇒ほかのダイエットブログを見に人気ブログランキングへ行く

関連ページ

ダイエットに疲れたという人に読んでほしいたった一つの心得
私が置き換えダイエットを選んだ思った理由について
なぜ私が置き換えダイエットを始めようと思ったのか、その理由を紹介しています。置き換えダイエットは手軽で簡単にできるダイエット。色々なダイエットを試した結果、私が置き換えダイエットをオススメするようになった理由とは?
置き換えダイエットをやっていて一番つらかったときと乗り越え方
置き換えダイエットを振り返ってみて、一番つらかったことをだらだらと書いてます。ダイエットはつらいけど、振り返ってみればいい思い出になってる…? 備忘録というか、日記的な側面が強いかも。

ホーム RSS購読 サイトマップ
オススメ置き換え食 置き換えダイエット体験談 ダイエットの悩み